宅建の日本不動産学院:受講生85%が宅建に合格:資格試験 の 専門 講座 学校

TOPページへ戻る
サイト内検索
宅建合格請負人の斉藤です 宅建合格請負人 斉藤です

「宅建受験の初心者から再度
チャンレジされるすべての方に
合格を!」
をモットーに宅建合格を目指す
人に宅建の合格ノウハウを
教えます!!

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2021年05月 次月>>
RSS
平成13年度本試験問題
次に掲げる開発行為(都市計画法第4条第12項に定める行為をいう。以下この問において同じ。)のうち、同法による開発許可を受ける必要がないものはどれか。
1. 医療施設の建築を目的として行う開発行為
2. 農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築を目的として行う開発行為
3. 土地区画整理事業が行われている区域内において行う開発行為
4. 学校教育法による大学の建築を目的として行う開発行為



昨年までは肢1が正解でした。しかし、本年の試験からは、

今まで開発許可を要しないものとされていたもののうち、

(1) 医療施設、社会福祉施設、幼稚園・小学校・中学校・高校の建築物を建築する目的の開発行為。
(2) 国、都道府県等(都道府県・指定都市・中核市・特例市・事務処理市町村)が行う開発行為(ただし、国の機関又は都道府県等と都道府県知事との協議が成立することをもって、開発許可があったものとみなされます。)


の二つが区域・規模により、原則として開発許可が必要になったため(平成19年11月30日施行)、肢1の医療施設の建築を目的として行う開発行為も開発許可が必要な場合があり、「常に受ける必要がない」とは言えません。






関連キーワードタグ:

宅建 勉強 宅建 独学 宅建 合格 宅建 試験

宅建の試験,宅建の資格,宅建の学校,宅建の講座,宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の試験,宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の資格,宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の学校,宅地建物取引士(旧:宅地建物取引主任者)の講座

提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所